×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

同棲生活に必要な空間

同棲するということを前提に、不動産屋さんで家を探すときはほとんど、2K以上の間取りの物件、ということなります。ワンルームを選ぶ人は少ないと思います。

個人的な好みやこだわりもありますが、1Rや1Kの物件は単身者向けが前提の物件が多く、収納も少なく不動産屋さんや家主さんの理解がない限り、借りることは難しいかもしれません。

物件を見に行く前、広さにぜんぜんこだわりが無くても、1Kを二人で借りたいと不動産屋さんに話すと、二人で住む際は2K以上でなければ貸すことは出来ないと言われてしまうことが多いようです。

実際問題、2K以上の間取りのほうがお互いの生活スペースにゆとりが出来ます。プライベートも守ることが出来ます。

狭くてもいいやと思っても、ワンルームの部屋にふたり分の荷物と生活家電、家具入ると、他のスペースがあってないようなものになり、圧迫感がひどく、どう考えても住みやすい家ではなくなります。

窮屈な空間は、長く住むとなると、ストレスになりかねません。

間取りの理想はひとつの家に、ふたり分の荷物が入って、スペースに十分ゆとりがあることです。



仲良く過ごす

食事をするべきリビングやダイニングキッチンと寝室が最低限でしょうか。

1Kの間取りは食事をする場所でそのまま寝る、洗濯物、収納、キッチンすべて同じ空間になるということです。同棲生活をする上で、あまり好ましくありませんね。

仲良く共同生活を送る上で最低限の間取りを考えると、やはり2K以上が理想だと思います。資金の面、家賃、いろいろ人により差はありますが、ワンルームだけは避けることをお勧めします。